« 1/100可変VF-4G組立説明書 その1 | トップページ | 1/100可変VF-4G組立説明書 その3 »

2010年1月27日 (水)

1/100可変VF-4G組立説明書 その2

今回は、機首と頭部ユニットの完成まで。

Inst02

Inst03

キャノピーの前についた、コクピット前面のフタになるパーツ
ですが、レドームがファイター時に垂れ下がらないようにロック
する役割があります。

カナード可動部のヒンジですが、いつも使う1.7mm径より一回り
小さい1.4mm径のネジを使いますので気をつけてください。

Inst04

カメラアイの色は、マックス・ミリア・一条機共にグリーンとなります。
マックス・ミリア機は裏からシルバーを塗っておくといいかもしれません。

次回に続く。

|

« 1/100可変VF-4G組立説明書 その1 | トップページ | 1/100可変VF-4G組立説明書 その3 »

コメント

すみません!質問です!

コクピット前面のフタになるパーツとコクピットパーツ、機首のハメコミとなっている箇所は、すべて接着しても問題ないでしょうか?


投稿: おださ | 2010年2月17日 (水) 05時28分

おださ様

キャノピーが微可動するギミックには、ファイター時のノーズコーンのロックと同時に、
バトロイド時にキャノピーと胸部装甲の間に出来るスキマを減らす意味がありますが、
これらを踏まえた上で、改造は自己判断でお願いします。
ロック機構については、クサビをかます要領なので少し接触部を削れば機首の可動に
干渉しなくなります。

投稿: くらかわ要 | 2010年2月18日 (木) 10時13分

くらかわ様
丁寧な説明有難うございます!
ハメコミの謎が解けました。
接着しない方向で進めますね。

投稿: おださ | 2010年2月18日 (木) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171038/47404848

この記事へのトラックバック一覧です: 1/100可変VF-4G組立説明書 その2:

« 1/100可変VF-4G組立説明書 その1 | トップページ | 1/100可変VF-4G組立説明書 その3 »