« 1/100可変VF-4G組立説明書 その2 | トップページ | 1/100可変VF-4G組立説明書 その4 »

2010年1月29日 (金)

1/100可変VF-4G組立説明書 その3

今回はボディの完成まで、一気に進めます。

Inst05

Inst06_2

Inst07

Inst08

Inst09

ここで使用する別売パーツは、1.7mm径の精密ネジ3mm長が2本、
5mm長が1本となります。
次回に続く。

 

|

« 1/100可変VF-4G組立説明書 その2 | トップページ | 1/100可変VF-4G組立説明書 その4 »

コメント

頭部が胸の下のパーツと連動していてせり上がってくる感じなんでしょうか?

連動ギミックがたまらんです。かなり小さいスケールなので強度が心配ですね。

mixiのメールの件はやはり難しいでしょうか?

投稿: おださ | 2010年1月29日 (金) 17時27分

おだささん

首の連動ギミック、強度は見た目よりはあると思うのですが、
パーツの主従関係が理解できていないとスライドさせる時に
どこに力を入れていいか悩むかも。

 メールの件は・・・大丈夫と思います。
今しばらくお待ちを。

投稿: くらかわ要 | 2010年1月30日 (土) 10時33分

トレフェスで購入させて頂き、製作させて頂いております。

一通り仮組みした段階で、画像2枚目で取り付ける、パンケーキ裏側の両翼を固定するパーツが破損してしまいました。
首と接続する部分の細いところが両方とも折れてしまった感じです。
もう両翼も固定してしまい、後戻りできなかったため、パンケーキ部に固定してしまいましたが、この、両翼を前進させるギミックって固定してしまって大丈夫なものでしょうか。

投稿: shu | 2010年5月21日 (金) 16時41分

shu様

お返事遅れて申し訳ありません。問題のパーツですが、
確かに強度的に不安のある部分で、自分でも一度完成
品を棚から落としてこのパーツをヤッてしまいました。
バトロイド時にキャノピーと干渉する部分を大きく
えぐり過ぎたのが原因のようです。本来ここまでえぐる
必要は無いので、逆にキャノピーと干渉するぎりぎり
まで肉を付けて強度を上げる事は可能です。ちょっと
した改造手術にはなるんですが。

あ、もう接着してしまいましたか(汗)。ここを接着
するとファイターからガウォークに変形する時は
問題ないですが、バトロイドにする時に首を引き出す
事が出来なくなります。解決策としては、首のフレー
ムの連動ギミックを解消して個別に動くようにします。
フレームと干渉する部分を削って可動範囲を広げるしか
無いですかねぇ・・
最悪の場合、修理用のパーツをお送りしますので
その際はお気軽にメールを下さい。

投稿: くらかわ要 | 2010年5月23日 (日) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171038/47419681

この記事へのトラックバック一覧です: 1/100可変VF-4G組立説明書 その3:

« 1/100可変VF-4G組立説明書 その2 | トップページ | 1/100可変VF-4G組立説明書 その4 »