« VF-9 カットラス 「ダンシングスカルズ」 | トップページ | 1/100可変VF-9 組立説明書(その1) »

2014年5月 2日 (金)

VF-5000B スターミラージュ 

続いてVF-5000Bスターミラージュのテストショットをパチ組み。
こちらも「マクロスM3」登場のマックス、ミリア機なのですが、ラインの
塗り分けのみの差異となるので今回は差別化していません。
ラインマーキングは後日デカールデーターを配布します。

140502k

非常にプレーンなイメージの機体。飛行機だけに(審議中)

140502l

主翼の位置が後ろ過ぎてカナードを追加したくなる衝動にも駆られますが

140502n_2

変形開始。腕部の二層構造が変態チック。
前腕部にウエポンユニットを持ってくる為だとしても尾翼を挟み込む
必要はどこから・・・

140502m

140502o

ガウォーク形態。

140502p

バトロイドに変形。「背骨」パーツを配して19系や24系のように
胸部を上から被せるようにアレンジしています。これにより大幅に
構造が簡略化されました。

140502q

バトロイド形態。「マクロスダイナマイト7」に登場したVF-5000Gとの
違いは頭部と足首カバーの形状ですね。あと前腕も微妙に違ってます。

140502r

背面から。

140502s

バストアップ。

マクロスM3カラー(ホワイト)の他に、ロービジ版も販売しますので
こちらもよろしく。

○1/100可変VF-5000B スターミラージュ
 5/5トレジャーフェスタin有明11にてマクロスM3カラー(ホワイト)、
一般機(ロービジ)の二色カラバリを同時販売。

 価格¥18,000

|

« VF-9 カットラス 「ダンシングスカルズ」 | トップページ | 1/100可変VF-9 組立説明書(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171038/59571960

この記事へのトラックバック一覧です: VF-5000B スターミラージュ :

« VF-9 カットラス 「ダンシングスカルズ」 | トップページ | 1/100可変VF-9 組立説明書(その1) »